オードリー

オードリー若林「ヤンキーの元カノのエピソード」|ANN

ラジオで語っていた、オードリー若林さんが昔付き合っていた小平のヤンキーの元カノのエピソードが強烈だったので紹介したいと思います。情景が浮かぶ哀愁漂うエピソードでした。

オードリー若林「ヤンキーの元カノのエピソード」|ANN

2019年5月11日放送の『オードリーのオールナイトニッポン』では、オードリーの若林さんが若い頃に付き合っていたヤンキーの元カノの強烈なエピソードを語っていました。

春日さんが自分の大事な話をしようとする間にはさみこむように若林さんがその元カノの話をするのですが、意外とその話が面白く、だんだんと春日さんも興味津々。

そのヤンキーの元カノとのエピソードは、たとえばこんな話です。

あるとき、ラブホテルでヤンキーの元カノが若林さんに財布をプレゼントした際、リアクションが悪かったという理由で元カノは激怒。ラブホの窓から財布を思いっきり投げ捨てたそうです。


ベッドの上で、プレゼントとして財布をもらった若林さんですが、嬉しかったものの、その喜びをうまく表現できずにいたら、「嬉しくないの? 嬉しくないならいいよ!!」と。

期待していたリアクションが見れずに感情的になる彼女の気持ちもわからなくもないですが、だいぶ不憫な若林さん。

フロントのひとにお願いして取りに行ったようです。

また、その元カノは服装がピンクの服に真っ青のブラが透けているような子で、ある日若林さんが迎えに行った際にブラが透けているから、「ブラの色変えてきて」と言ったら、「おめえに関係ねえだろ」と元カノ。

普段から「お前」と呼ばれていたようです。

他にも、元カノはいつもマンションに迎えに行ってから「着いたよ」と連絡して降りてくるまでに時間のかかる子だったので、若林さんが駐車場で座って待ちながら小説を読んでいたら、「お前、待ってるとき小説読むな」と怒られたと言います。

なんで、いいじゃん、と若林さんが言ったら、一言「ムカつくから」と元カノ。「内容わかっていないくせに私に小説を読んでるアピールしてるだろ」

それ以来もう小説を読むのはやめて鼻歌になったそうです。

また、お笑い芸人なりたいんだけどどうしようかな、という悩みを元カノに話していた若林さん。

ある日、違う大学に通っていた元カノの学校に行き、その日は大学が休みの日なので、誰もいない教室で二人で勉強していました。

休日ということで無音の静かな教室で、若林さんがぽつり「あれ、先生遅いね」と言ったら、元カノは間髪入れずに「お前芸人になる夢諦めろ」

休日であることがわかりながら、ちょっとした小ボケで言った一言に、一切のツッコミもなく、第一声目でキツイ右ストレート。

この元カノと、10年ぶりに中野で偶然すれ違ったことがあったそうで、向こうは三人連れで酔っ払い。そして、すれ違いざま、「あ、お前何やってるんだよ!」

相変わらずの「お前」呼ばわり。

意外と面白く、春日さんも「もういいよ」と言いつつも耳を傾けて聴く若かりし頃の若林さんの元カノとのエピソード。

春日さんはこの放送前にクミさんと一緒に区役所に入籍届を出しに行ったのですが、序盤はむしろこの若林さんの元カノのエピソードがメインになっていました。

番組の感想

オードリー若林「ほうれい線がコンプレックス」|ANNオードリーの若林さんは「ほうれい線」がコンプレックス。しかし誰もいじってこないのは、若林さんがほうれい線をいじられるとしゃがんで泣いてし...