霜降り明星

霜降り明星、酒袋の意味と由来

霜降り明星、酒袋の意味と由来

霜降り明星のラジオを聴いていると耳にする言葉の一つに「酒袋」があります。

読み方は「さけぶくろ」と言い、一般的な日本語にはない、完全なる造語です。

酒袋の意味は、「酒をたくさん飲むひと」のことで、せいやさんがよく「酒袋」として形容されます。

生みの親は霜降り明星のマネージャーさんのようです。

酒袋の由来について、せいやさん自身が、「人類は酒袋。人は酒を飲むために袋として産まれてきたにすぎない」と語っていることから、酒袋とは、酒を飲む袋としての人間、という意味が含まれているようです。


このせいやさんのお酒の哲学は、霜降り明星のYouTubeチャンネル『しもふりチューブ』で、粗品さんとバーでお酒を飲みながら語り合っている回で存分に語られています。

人類は皆酒袋です。酒を飲まないひとも、酒を飲まない酒袋だし、M-1グランプリも酒袋です。

酒袋はしょせん酒袋なので、同じ酒袋に酒を飲むよう強要するといったしょうもないこともしませんし、酒袋が酒袋に腹を立てることもありません、とのこと。

酒袋としての悟りの境地です。

そう言えば、この表現、どこかで見覚えがあるな、と思ったら、「野口体操」の創始者で東京芸大の教授でもあった野口三千三さんが、まさに同じような表現をしていたのを思い出します。

生きている人間のからだ、それは皮膚という生きた袋の中に、液体的なものがいっぱい入っていて、その中に骨も内臓も浮かんでいるのだ。

出典 : 野口三十三『原初生命体としての人間』

もしかしたら、せいやさんの酒袋哲学は、相当深いものなのかもしれません。