オードリー

オードリーの同期芸人

オードリーの同期芸人

先日、お笑いコンビキングコングのYouTubeチャンネルで、同期のオードリーについて語る、というテーマのトークが披露。

キングコングは、吉本で若いうちから人気芸人の仲間入りをし、オードリーの事務所はケイダッシュステージで売れるまでの下積み期間も長かったからか、両者は距離があったようです。

動画 :【感動】同期のオードリーについて真剣に語りました|毎週キングコング

しかし、『あちこちオードリー』でキングコングがゲスト出演した際、ほんとうにやりやすく、収録も楽しかったそうで、梶原さんは、いつかオードリーと一緒に何かできたら、と語っていました。

実は、このオードリーやキングコングの同期には、黄金世代と言うほど多くの実力派の芸人たちが揃っています。


以下、オードリーやキングコングの同期芸人になります(2000年デビュー)。

吉本

南海キャンディーズ、NONSTYLEノンスタイル、ウーマンラッシュアワー村本、とろサーモン久保田、スーパーマラドーナ、ダイアン、ギャロップ林、中山功太、なかやまきんに君、ネゴシックス、ピース、平成ノブシコブシ、大西ライオン

吉本以外

アンガールズ、ナイツ、ハマカーン、U字工事、磁石、流れ星、タイムマシーン3号

南海キャンディーズやピース、アンガールズなどは、オードリーとの共演も見たことがあり、ラジオなどでもよく話に出てくるので知っているひとも多いと思います。

一方で、キングコングやウーマンラッシュアワーの村本さん、スーパーマラドーナも、同期同士で不仲だったり喧嘩の絡みを見たことがあるかもしれません。

ただ、この両グループが同期だということは、最近は共演もそれほど見ないためか、あまり有名ではないかもしれません。

ノンスタイルの石田さんも、同期の芸人たちについて、「化け物ばかり」「いい世代に生まれました」と語っています。

それにしても、2000年デビュー組は凄いメンバーばかり。

ちなみに、プロフィール上は千鳥も2000年デビューで、オードリーらと同期のように思えますが、千鳥はその一年前から笑い飯らとインディーズライブで漫才を披露。

そのため、千鳥のほうが一つ先輩となり、オードリーの若林さんも、千鳥には敬語を使っています。

一方、ナイツは、千鳥のライブにゲスト出演した際、ほぼ同期みたいなものだからタメ口で話そう、ということになり、それゆえ今でもナイツと千鳥はタメ口で話しているようです。