テレビ全般

ぺこぱ松陰寺と政治の裏アカ

ぺこぱ松陰寺と政治の裏アカ

テレビ朝日『ロンドンハーツ』の企画「芸人未来予想図」で、お笑いコンビぺこぱの松陰寺さんが、政治に関する熱い思いを吐露。

この企画は、芸人たちが、それぞれの未来予想図を披露するというもので、ぺこぱの松陰寺さんは、10年後の未来像として、漫才を続けながら冠番組も持ちたい、とコメント。

そして、その冠番組について、次のような夢を語ります。

単にお笑いバラエティではなく、世界情勢、日本経済、歴史等、若者が目を背けがちな、どんな歴史を経て、今どんな世の中に生きていて、どういう世界を目指していきたいのか、また、全てのひとが同じ時代に生まれた奇跡に感銘し、文化文明、価値観を次の世代へ渡していきたい。

報道番組のMCをやって、そのキャスティング権も握りたい。(松陰寺)

出典 :『ロンドンハーツ』

松陰寺さんは、昔から田原総一郎さん司会の政治討論番組『朝まで生テレビ(朝生)』などが大好きで、若者たちに、考えるきっかけの橋渡しがしたい、と語ります。

政治のことなどをテレビで芸人が語ると、「芸人はお笑いだけやっていろ」と言われるが、それぞれの意見を持っていいじゃないか、そういう部分を変えていきたい、と松陰寺さんは主張。


相方のシュウペイさんも、松陰寺さんが政治に強い気持ちを持っているのは知っているとのこと。

シュウペイさん曰く、「松陰寺さんは、政治などについて自分の考えはこうだ、というのを話したいひと。でもテレビで言ってしまうといい反応が来ないので、ツイッターでアカウントを三つくらい持っていて、バンバンつぶやいているらしいです」と、政治用の裏アカの存在を暴露。

松陰寺さんは、その裏アカで結構発信し、政治家にブロックされるほどだと言います。

政治家のツイートに、こういう意見もあるのでは、とリプライしたら、ブロックされ、「国民の声に耳を傾けない国民の代弁者ってなんだろう」と呟き、「勝利しました」と松陰寺さん。

ロンブーの淳さんの「それ堂々と松陰寺としてやればいいじゃん」という意見に対し、「まだちょっと早いので、十年後に言いたい」と語り、また自分の政治的主張がしたいというより、自分がキャスティングし、本当に実のある議論ができる番組にしたい、とのこと。

実際、松陰寺さん自身「ネタにぶ厚くオブラートに包んでいる」と言うように、ぺこぱは、その肯定ツッコミ系のネタのなかに「高齢化社会」や「働き方改革」など、政治的なことが、「考えるきっかけ」として含まれています。

スタジオから、最終的にウーマンの村本みたいになるの? と問われ、「そこじゃないです、全然違う場所です、あのひととは」と松陰寺さんは強調。

政治家になりたいというおkとでもないようで、個人の政治的な主張というより、もっとそれぞれが考えるべきなのではないか、というのが松陰寺さんの根底にはあるのかもしれません。

ちなみに、松陰寺さんの政治系裏アカは見つかっていません。