テレビ全般

野田クリスタルと、『学校へ行こう』のお笑いインターハイ

野田クリスタルと、『学校へ行こう』のお笑いインターハイ

お笑いコンビのマヂカルラブリーでボケ担当の野田クリスタルさん(本名、野田光のだひかる)が、霜降り明星の冠番組『霜降りバラエティ』に出演。

新旧のR-1王者である、粗品さんと、野田クリスタルさんも交えた対談という企画で、野田さんがお笑い芸人になろうと思ったきっかけについて語っていました。

野田クリスタルさんは、もともと学校でも一番面白いキャラクターで、高校時代、もう一人の面白いと有名の同級生とお笑いコンビ「セールスコント」を組み、『学校へ行こう』というV6のバラエティ番組の企画『お笑いインターハイ』に出場します。

この同級生とは、それまで仲がよかったわけではなく、ただお互いに面白いという話だけは知っていたようで、すれ違いざま、「やるか」「ああ」という一言で、出場を決めたそうです(野田クリスタル談)。

この『学校へ行こう』のお笑いインターハイは、出場コンビが5000組以上と、ものすごく大きな大会で、セールスコントは江戸むらさきに憧れたショートコントネタで見事優勝します。


野田クリスタル セールスコント画像 :『アメトーーク』

坊主のほうが高校時代の野田クリスタルさん、ネタの技術が素人離れしていました。

その後、セールスコントは解散し、ネットの相方募集掲示板で出会った相方と「役満」というコンビを結成し、高校二年生のときに吉本のオーディションを受けて吉本に入ります。

そのため、1986年生まれとぎりぎり第7世代と呼ばれても不思議ではない年齢の野田さんですが、同期芸人は少し上で、ジョイマンやジャルジャル、パンサーの尾形さんなどになります。

結局、役満も解散し、一時ピン芸人として活動した(ピン時代のネタ)あと、相方となる村上さんと出会い、2007年にマヂカルラブリーを結成します。