テレビ全般

漫才と音楽と霜降り明星

漫才と音楽と霜降り明星

テレビ東京『ゴッドタン』で、お笑い芸人たちが目一杯お笑いのことを熱く語っていい「お笑いを存分に語れるBAR」という企画があります。この企画で、ナイツの塙さんが語っていたのが、音楽と漫才の関連性。

聴いている音楽は、自分のつくる漫才と似てくる、と塙さんは言います。たとえば、バイキングの小峠さんはロックが好きだからシャウト系のツッコミ。また塙さんは、YMOが好きなので、テクノ系のリズムがナイツの漫才に活きているとのこと。

確かに、漫才と音楽、というのは同じ言葉を使ったリズムという点では根っこで繋がっているのかもしれません。

若手お笑いコンビ霜降り明星も、最近YouTubeでお互いに人生で大切な音楽3曲を言う、という企画を行い、その際に、漫才と音楽の関係性について少し触れていました。

この選曲で、粗品さんが一つ目の曲に選んだのが、ヒャダインさんの『ヒャダインのカカカタカタオモイ-C』です。


粗品さんはヒャダインさんがいちばん好きなミュージシャンで、学生時代に嫌なことがあっても、ヒャダインさんの曲に救われていたそうです。この曲はヒャダインさんのメジャーデビュー曲。テレビアニメ『日常』のオープニング曲でもあります。

テンポも良く、変調もある、「この曲のような漫才がしたいと思った」と粗品さんが言い、せいやさんも、「分かる気がする。俺も、映画を観ていて、こんな漫才がしたいと思うことがある」と同調。

霜降り明星は、お二人とも「テンポ」という言葉を使っていましたが、これは塙さんが語っていた漫才と音楽の関連性と同じことを言っているのでしょう。

以下、この番組で粗品さんとせいやさんがそれぞれ挙げていた人生で大切な3曲です。

粗品 ヒャダイン『ヒャダインのカカカタカタオモイ−C』 新庄かなえ『ファッとして桃源郷』 後ろから這いより隊G『恋は渾沌の隷也』
せいや サザンオールスターズ『栞のテーマ』 ももいろクローバーZ『ミライボール』 ラストアイドル『バンドワゴン』

YouTubeチャンネル内では、音楽にまつわる思い出やミュージシャンに対する熱意を語っています。