三四郎

三四郎の相田、ドラマ『まだ結婚できない男』出演

三四郎の相田、ドラマ『まだ結婚できない男』出演

お笑いコンビ三四郎の相田さんが、ドラマ『結婚できない男』の続編である『まだ結婚できない男』アンバサダーとしてのPR番組に出演、またドラマ本編への出演も決定したことを毎週金曜深夜放送の『三四郎のオールナイトニッポン』で発表。

なぜ相田さんが出演できるようになったかと言うと、相田さんが今年のGWに初めて『結婚できない男』を観た際にすっかりどハマり。二日間で全話鑑賞。リアルタイムでは観ていなかったが、主人公が40歳くらいで、今この年齢で観るからこそ物凄く面白いと、ラジオで感想や魅力を語り尽くすにとどまらず、自身のラジオ番組で新コーナーも開設しました。

コーナー名は、「新・結婚できない男」。主人公の桑野信介のような偏屈なセリフを募集(最後に、「〜で悪いか!」をつける)し、相田さんがモノマネをしながら読むコーナーです。

雑学あり、下ネタあり、タメになりつつ笑えるコーナーなのですが、どうやら、この「新・結婚できない男」をドラマの上層部のひとが聴いているらしく、三四郎の相田さんに声がかかったとのこと。

この相田さんの『まだ結婚できない男』出演に関する話に、三四郎の小宮さんも「ガチ?」と驚愕、また直後のラジオ番組を担当し、同じく『結婚できない男』が人生でいちばん好きなドラマでリアルタイムでも観ていたと語る霜降り明星のせいやさんもラジオ終盤に飛び入り、激しい悔しさを滲ませていました。


ちなみに、相田さんは最近引っ越しを行い、新居は高輪台と堂々公言していました。

追記、結構重要な役に

実際の『まだ結婚できない男』の放送では、第6話の終盤で登場し、相田さんはちょい役どころか結構重要な役で、登場シーンも割としっかりセリフがありました。

1話目から振っていた「ブログで悪口を書いている男」というのが、鬱屈したものを抱えた男(三四郎の相田さん)。

画像 :『まだ結婚できない男』

このセリフの途中で笑う演技は、相田さんのアドリブだったようです。