オードリー

ピース綾部「アメリカは雪見だいふくで間違いなし」

ピース綾部「アメリカは雪見だいふくで間違いなし」

お笑いコンビオードリーのラジオ『オードリーのオールナイトニッポン』は、アメリカのマイアミからの中継で、現在アメリカで生活しているピースの綾部さんがゲストで登場しました。

同期のオードリーとピース綾部さん。番組内では、綾部さんのアメリカでの生活が語られたのですが、随所に言っていたのが、「アメリカでセンスが落ちました」「私は相当スキルが落ちています」「又吉先生、ごめんなさい」

普段からアメリカのノリで語っていたら笑いのセンスが落ちたと言います。

あと、普通に聞いていると、声も少し変わったのかな、と思いました。

でも、その自虐も交えた軽妙なトークは相変わらず面白く、「なんのためにアメリカに行ったの?」という質問には、「見たかったから」と言い、「今何してるの?」と言う質問には、「まだ見てるね、アメリカを」と絶妙なすっとんきょう。


しかし、ほんとうに「アメリカを見たい」というのが理由。綾部さんがアメリカに行った目的は、「見たい、だってしょうがない、何がしたい、って見たいんだもん。見て、アメリカ人の友達とか、色んな国の人たちと、時間を共有したいだけ」。

その他、胸に大きく「TEXAS」というタトゥーの入ったヒューストン出身の元ギャングと仲良くなった話や、プエルトリコ出身の55歳の女性の親友サンドラが作ってくれる500年煮込んだようなコーン料理の話など珍しいエピソードも。

また、ホームパーティーで綾部さんが料理を出すときに、これさえあれば間違いないと語っていた「料理」が、「雪見だいふく」です。

ピース綾部「今、このラジオを聴いている方で、アメリカに来ようとか、アメリカにいて友達ができない、という方、雪見だいふく持っていけば間違いないです。大勢のアメリカ人がついてきます。」

もっちりとした食感とひんやりとしたアイスのハーモニー。海外でも雪見だいふくは大活躍のようです。