オードリー

オードリー若林が語る山ちゃんの才能とストイックなエピソード

オードリー若林が語る山ちゃんの才能とストイックなエピソード

女優の蒼井優さんと南海キャンディーズの山ちゃん(山里亮太さん)の結婚後初のラジオ『オードリーのオールナイトニッポン』で、親交の深いオードリーの若林さんが、山ちゃんの才能と仕事にストイックなエピソードを紹介していました。

そもそも今の山ちゃんは「ブサイク芸人」というくくりに当てはまらない、と語る若林さん。

昔はおかっぱ頭に変わったTシャツ(ファミコンのカセットやランチパックのパンが並んでいる“ダサい”Tシャツ)と赤メガネで太っていてモテない、というのは確かだったものの、徐々にマイナーチェンジし、髪型も徐々に毛先を遊ばせるようになったりメガネのフレームがおしゃれになったりと言います。

なにより、外見以上に、山ちゃんの才能と実力を賞賛する若林さんは、野球で言えばメジャーリーガー、競馬で言えばハルウララのふりをしたディープインパクト、と絶賛。

また、蒼井優さんも山里さんの仕事への一生懸命さを尊敬している、と語るように、山ちゃんのストイックなエピソードも語られていました。


たとえば、ラジオのリスナーやファン、自身の芸のためにも、彼女をつくらず仕事に集中し、幸せになろうとしなかったそうです。

また、山ちゃんの部屋の壁には、赤字で「他の芸人が合コン行っているあいだに新しいワードを一つでもつくる」「一分一秒でも無駄にしない」といった言葉が貼られ、パソコンのブックマークにも政治や地理のページもあったそうです。

若林さんが、「ほんとうに、リスナーと自分の芸のために遊ばないの?」と尋ねると、ほんとうだと言い、山ちゃんのことが好きで会いたいと言ってくれる女性にも会わなかったようです。

その他、若林さんと山ちゃんの二人の番組のネタ合わせに、テレビ局の一室で朝4時5時まで行うほどのストイックさだったと言う山里さん。

蒼井優さんの「山里さんの仕事に対する姿勢を本当に尊敬しています」というのも、納得のエピソードでした。