霜降り明星

霜降り明星せいやとアグネスチャン

霜降り明星せいやとアグネスチャン

お笑いコンビ霜降り明星のせいやさんは、歌手のアグネスチャンさんの大ファンでも有名で、ラジオではアグネスチャンさんの名曲『ポケットいっぱいの秘密』という曲名に合わせた「ポケットいっぱいの秘密のコーナー」という謎のコーナー(通称「ポケひみ」)もあります。

せいやさんは、1992年生まれで、同世代が好きな歌手として多かったのは、たとえばオレンジレンジやレミオロメン、サスケだったと言います。

しかし、せいやさんが好きなミュージシャンは、ザ・スパイダース、ザ・テンプタース、ザ・タイガース、チェリッシュ、ザ・ゴールデン・カップス、ザ・ワイルドワンズ、ゴダイゴ、海援隊など、青春をなぜか1960年代の音楽に注ぎ込みます。

そして、特に好きだったのが、14歳くらいの頃にファンクラブにも入会しているアグネスチャンさん。学生時代は、毎日のようにアグネスチャンさんのブログ(「アグネスちゃんこ鍋」)にメッセージを送っていたそうで、母親よりもさらに年上であることから、ほんまに意味わからん、と泣かれたこともあったと言います。

誰にも共感してもらえないので一人でレコードを集め、カラオケでもアグネスさんの歌を選曲。せいやさんがアグネスチャンの曲を歌っているときに周りがジュースを入れにいく、という青春時代。


高校時代、いじめに遭っていたときもアグネスチャンさんの歌に励まされたと言います。

霜降り明星のYouTubeチャンネル『しもふりチューブ』では、アグネスチャン・スペシャルとして、思う存分アグネスの曲をせいやさんが歌っています(結構歌がうまいのに驚きます)。

せいやさんが、アグネスさんと初めて対面したのは、番組のドッキリ企画でした。

それにしても、世代が全く違うせいやさんが、一体なぜ、いつ頃からアグネスさんの熱烈なファンになったのでしょうか。

ナイツの塙さんに、「好きになったきっかけは?」と尋ねられた際、せいやさんは、「ほんとに分からないんです、気づいたら好きで」と回答。「卵焼き好きなきっかけって覚えてないじゃないですか、気づいたら好きになってる」、この卵焼きと一緒で、いつの間にか好きになっていたそうです。

ただ、強いて言うなら、もともと昔の曲が好きで、その流れのなかでアグネスチャンさんの曲とも出会い、アグネスさんの曲を聴いているとき無性に体が熱くなったとせいやさん。

そのファンとしての想いは有名になった今でも全然変わらないようです。