オードリー

若林とにょぼばの由来

若林とにょぼばの由来

オードリーの若林さんが最近ラジオでよく「にょぼば」という言葉を使っていますが、これは「にょぼばやし」の略です。

にょぼばやしの由来は、「女房」と「若林」を合体させ、一つにした造語で、『オードリーのオールナイトニッポン』内で若林さんが奥さんのエピソードを語る際などに使われます。

もともとはラジオ内での奥さんの呼び方をどうするかというトークになり、春日さんは奥さんを名前で「クミさん」と呼びますが、若林さんの奥さんは一般人(クミさんも本当は一応一般人)なので、名前で呼ぶことができません。

奥さん、妻、女房など色々と呼び方はありますが、現在は呼び方も難しい時代。悩んだ末に「にょぼばやし」に。

この「にょぼばやし」が縮まって「にょぼば」が、今の呼び方になっています。


にょぼばは蕎麦が大好きなのですが、蕎麦アレルギーになってしまい今は食べられません。それでも年越しに、蕎麦がいちばんの好物の若林さんのために蕎麦を買ってきた、とても優しい奥さんのようです。

蕎麦アレルギーで妹がいて看護師さんのにょぼば、今後は「にょぼば」という呼び方が定着するのでしょうか。

ちなみににょぼばの顔写真などは一切公開されておらず、今のところ春日さんも会ったことはないようです。

追記

女房若林 → にょぼばやし → にょぼば → Nばやし→嫁ばやし→妻(2020.1.18更新)