ゆにばーす

川瀬名人はM-1以外の仕事は断っている

川瀬名人はM-1以外の仕事は断っている

お笑いコンビゆにばーすの川瀬名人は、人一倍M-1グランプリに情熱を傾けていることでも有名で、M-1で優勝したら芸人を引退すると公言しています。

――川瀬さんはかねて「M-1を優勝して引退する」と公言しています。そこまで強い思いを抱いているのはなぜですか。

川瀬 そもそもM-1で優勝するために、僕は芸人になったからです。大学で何年か留年していた時に、甲子園球場で高校球児たちが涙を流す姿に感動して、「僕もそれぐらい頑張れることがあったら」と思ったんです。その年たまたま見たのがパンクブーブーさんの優勝したM-1で、「これだ」と思った。だから優勝してしまったら、もうそれ以上続ける意味はないかな、と。

出典 : M-1ファイナリストに聞く ゆにばーす「優勝で引退」ってほんと?

そのM-1への情熱をいっそう物語るエピソードとして、千鳥の『相席食堂』での出来事が挙げられます。

この番組に、ゆにばーすがゲスト出演した際、相方のはらちゃんが一人で出演し、川瀬名人がいないという事態に。

理由は、川瀬名人がM-1以外の仕事には出ない、というポリシーがあるからのようです。

はらちゃん曰く、 M-1以外の番組に出ないというコンビの契約も整っているとのこと。


千鳥の大吾さんも、「聞いたことある。あの子はM-1だけ出たいんよな。で、優勝したら引退するって言ってるから、漫才はM-1のためにするけど、ロケは関係ないんだ。」とコメント。

この辺りの明確な線引きはわかりませんが、全くテレビに出ないというわけではなく、漫才の仕事としてはテレビに出るものの、ロケやバラエティーなどのテレビ番組には出ない、ということなのかもしれません。

大吾さんは、この件で、川瀬名人のことを、「アイスピックぐらい尖っている」と称しています。

鬼越トマホークのYouTubeチャンネルにはときどきゲスト出演している川瀬名人。以前ニューヨークのYouTubeチャンネルにも出ていたので、出演基準として、直接の関係性の濃さなども関連しているのでしょうか。

ちなみに、『相席食堂』の川瀬名人不在のゆにばーすゲスト回では、はらちゃんが一人で出身地の神奈川県の辻堂にロケに行き、下ネタ交じりで奮闘。

地元の友人曰く、はらちゃんは学生時代から下ネタが多かったそうです。

若い頃にマッチングアプリで使っていた写真も、『相席食堂』内でモザイクが入りながら公開されていましたが、だいぶ「裏垢感」の激しいものでした。

過去の動画を観ていたら、はらちゃんがピンで出ているYouTubeのある番組内で、2019年頃には川瀬名人はラジオをやりたいと言っていたものの、2020年になってからは、「やっぱりラジオはやりたくない、M-1だ」となったという話を披露。

また、このとき、はらちゃんは、下ネタの冠番組を持ちたいという話もしていました。やっぱり下ネタが根っから大好きのようです。

動画 : ゆにばーす【決勝ネタ】1st Round〈ネタ順3〉M-1グランプリ2021

https://www.audiblenet.tokyo/satsumakawa/