おぎやはぎ

おぎやはぎ矢作ラジオで、「加藤浩次は政治家転身」?

おぎやはぎ矢作ラジオで、「加藤浩次は政治家転身」?

お笑いコンビおぎやはぎの二人が、ラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき(2019.7.25)』で、吉本興業の闇営業問題についてトークを展開。

特に、矢作さんが、親友でもある加藤浩次に関し、仮に吉本を退社したあと「政治家」の道もあるのではないかと冗談交じりに発言していました。

加藤浩次さんは情報番組の司会をし、正義感や男気も強く、上の権力にも噛み付く「狂犬」。本人は政治家転身の気持ちはないだろうと矢作さんも語っていますが、一方で、「政党も放っておかないのではないか」とコメント。

今回の件でたぶんいちばん動くのは、政治家だね。あれはもう、どの政党も欲しいでしょ。正義感の塊じゃない。そもそもあのひとはああいう性格だからね。曲がったことが嫌いで、だから単純にキレちゃってるんだから。

もう許せないと思うよ、今までの長い歴史があったんだけどね、今回のことなんてただの引き金なんだから。30年間色んな不満があって、こうなってるでしょ。

次の選挙とかすごいんじゃない、色んなところからスカウトが。全部欲しいでしょ、特に山本太郎なんていちばん欲しいんじゃないの、すごいこう、上に立ち向かっていく。

政治家になるつもりはさらさらないとは思うけど、ただスカウトすごいんじゃない?

出典 :『おぎやはぎのメガネびいき』

確かに、加藤さんが政治家になりたい、という希望はないかもしれませんが、声をかける政党はあるかもしれません。

矢作さんは、加藤さんと付き合いも古く親友というだけあり、ほんとうに絶賛で、「すごいひとなんだから」と言い、政治家以外にも人力舎移籍や、人力舎の子会社に加藤さんを、という提案をしたり、独立するならついていかないとなぁ、と語るなど、その関係性の深さを物語る発言も連発。


逆に小木さんは、「加藤さんは政治家に合いそう」と頷きつつも、ちょっと不仲なのか、人力舎に来られてまた不満を持って社長にキレられても困るし、子会社に加藤さんの事務所をつくっても人力舎にメリットがないと言うなど結構辛辣でした。

どうやらまだおぎやはぎがコンビ結成する前に、矢作さんが小木さんを加藤さんに紹介したときにキレられた記憶が、今も尾を引いているようです。

ちなみに、この番組の裏でナイナイの岡村隆史さんは、「加藤浩次は辞めさせない」「ワイドショーハイになってる」と発言し、おぎやはぎさんも、「岡村さんのラジオが聞きたい」と語っていました。