オードリー

ナイキ「エアジョーダン1」のベトナム製は偽物?

オードリーの若林さんが購入を決めたナイキの「エアジョーダン1」。しかし、定価と比較すると安いし、箱も違う。その理由とは?

ナイキ「エアジョーダン1」のベトナム製は偽物?

バスケットにずっとはまっていると言うオードリーの若林さんが、深夜ラジオ『オードリーのオールナイトニッポン(2019.5.25)』で、ナイキの人気シューズシリーズであるエアジョーダンについてトーク。

エアジョーダンは、その名の通りNBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンとのコラボレーションによって発売されたバスケットシューズです。

発売開始は1984年で、以降、最新作が開発、販売され、最新のエアジョーダン33まで現在も続く人気作。

NIKE エアジョーダン32


NIKE エアジョーダン33

このエアジョーダンのファーストモデル「エアジョーダン1」が欲しかった若林さん。しかし、値段が高く、5万以上するために躊躇。すると、たまたま見ていたyahoo!オークションで「エアジョーダン1」を発見、しかも値段が安く、二万円もしませんでした。

若林さんは、過去ネットオークションを利用したことはありませんでしたが、どうしても「エアジョーダン1」が欲しいと思い、購入を決めて注文。

しかし、なぜこんなに安いのかと気になり、よく見ると、「メイドインチャイナ」が多いエアジョーダン1のなかで、若林さんが購入を決めた製品は「メイドインベトナム」。

怪しい、と思った若林さんが、「エアジョーダン1 ベトナム製 偽物」などで検索すると、Yahoo!知恵袋で似たような質問をしているひとを発見。回答欄を見ると、今はベトナム製も多いから安心してください、とのこと。

また、購入先の方のオークションの総合評価も非常に高く、問題はなさそう。でも、箱も違うし、なぜだろう、と若林さんが色々と見比べているうちに、両者の違いに気づきます。

もともと若林さんが欲しかったのは、ナイキ「エアジョーダン1」のハイカットモデル。ところが、今回若林さんが購入したのは「エアジョーダン1」のMID。

MIDとは、ハイとローのあいだのモデルのこと。欲しかったモデルと微妙に違ったのです。

若林さんは、慌ててキャンセルをお願いするも、残念ながら受け入れてもらえず。結局「本物」のエアジョーダン1MIDを購入することになったそうです。

NIKE エアジョーダン1 MID

少し残念がっていた若林さん。確かに、ハイと比較すると低いですが、普通にかっこいいシューズだと思います。