オードリー

オードリー若林の奧さんとの繊細なエピソード

オードリー若林の奧さんとの繊細なエピソード

これはオードリーの若林さんがラジオで語っていた繊細だなあと思うエピソード。

最初、若林さんが、奧さんのことをラジオなどの場で話す際の呼び方の話で、女房というのもどうなんだろう、ということから「にょぼばやし」に。

それから、少し奧さん(にょぼばやしさん)の話になったのですが、若林さん曰く、奧さんは重いそばアレルギーで、もともとそばが大好きだったものの食べられなくなり、死ぬまでにそばを食べてみたいなぁと言っているとのこと。

一方の若林さんも、そばが一番大好きな食べ物。若林さんがひとりお昼に富士そばのような場所でそばを食べるとき、一緒にミニカレーを頼むそうです。

そして、奧さんから、お昼何食べたの? と聞かれたときに「カレー」と答えていると言います。


もちろん、奧さんはそれで怒ったりはしませんが、それでも、0、01mmくらいは「食べたいな」と思わせちゃうかもしれない、と。だから言わないそうです。

でも、嘘もつきたくないし……と言うわけで、若林さんは必ずそばと一緒にサイドメニューをつけ、そっちの方を奧さんに言うようにしているとのこと。

僕もアレルギーがあって、食べられないものの匂いや看板やCMを見ると少しだけ苦しくなるので、若林さんの繊細な気遣いが素敵だな、と思いました。